海外の水をウォーターサーバーで

世界の水道事情

海外の水をウォーターサーバーで

水道水の水はそのままだと何となくカルキ臭がして飲みづらいけど、ミネラルウォーターなら気にする事無く飲む事ができるという事で、一般家庭でもウォーターサーバーを設置する家が多くなってきました。
日本の名水などのミネラルウォーターも人気ですが、海外の採水地から採れる水がいつでも利用できるウォーターサーバーも人気があります。

ハワイの天然水がウォーターサーバーで利用できるのが「ハワイアンウォーター」。
水源地は政府によって徹底的に管理されており、地下200メートルの天然水をROろ過し、衛生的な環境でボトリングされているハワイのナチュラルミネラルウォーターです。
不純物が少ないので、炊飯やコーヒー紅茶などを淹れるのにも向いており、赤ちゃんのミルク作りにも利用できる安全な水と言えるでしょう。
放射能をも通さないと言われているROろ過により、安心して飲めるミネラルウォーターという点で世界的にも人気の高いお水です。

海外でのウォーターサーバーの普及率は日本に比べてもはるかに高く、アメリカでは現在50%であるという結果が出ています。
これは、海外では水道の水をそのまま飲む事はせずにミネラルウォーターを買って飲むものだという事が定着している事と、ミネラルウォーターの価格が日本と比べてもかなり安い国が多いからという筝が考えられます。

また、人気のあるミネラルウォーターはやはりROろ過されているもので、しかも日本の水のような軟水を好んで選ぶ場合も多いようです。
価格が日本の半分くらいで済むという筝と、絶対に水道水がそのまま飲めないという筝で、海外では必須なものとなっています。

日本では東日本大震災の後から、家庭での備蓄の面からも急激に普及し始めたミネラルウォーターのサーバーですが、海外ではもっと昔から多くの家庭で使われています。
安くて宅配してくれるので便利であり、安心していつでも飲む事ができるのでこれからも日本でも、今後海外のようにどんどん普及率が上昇していくと言われているのです。